株に興味があっても話題に追いつけない人って意外と多いと思います。株初心者でも効率的に知識が得られるようにまとめてみました。

IPO株とは?初心者でもできる?

IPOとは、「新規公開株」のことで、企業が自社株を証券取引所に新規で売り出すことです。
証券取引所に上場することで、投資家のすべてがその株の取引ができるようになります。
株式の購入は利益が出る可能性もあれば損失を出す可能性もあり、できるだけ失敗しない株取引の方法を考えることは重要です。

しかし、特に初心者にとってはどのような株を購入すれば失敗しないかの判断は難しいものです。
その点においてIPO株の取得は利益が出る可能性の高い方法で、株式売買の専門知識も必要でないため、初心者から熟練者に至るまで幅広く人気のある銘柄になっています。
投資家がIPO株を購入したい場合はまず抽選に応募する必要があり、その結果当選すればその株を購入する権利を得ることができます。

IPO株で利益が出やすい理由は、上場前の株を事前に購入することができるためです。
上場前の売り出し価格を公募価格と言いますが、それが低めに設定されているため、上場初日の初値が公募価格を上回る場合が多くなっています。
投資家は上場する前にその株を購入して、上場初日にその株を売ることで利益を上げることができます。
もちろん株価は下がる場合もありますが、下がり幅よりも上がり幅の方がはるかに大きいのがIPO株の特徴で、リスクが低い割に利益幅が大きいという非常に魅力的なものになっています。

企業側にすれば、公募価格を低めに設定することによって上場の際にその株をたくさんの投資家に買ってもらえる可能性があり、そこで集めた資金を事業の拡大や設備の拡充などに利用することができます。
IPO株の抽選に外れても資金が変化するわけではなく、投資家は何回も抽選の再チャレンジをリスクなく行うことができます。
特に初心者にとっては、株価の推移の把握やチャートの理解は難度の高いものであり、またその企業がどのような経営状況であるかの分析も難しいものですが、IPO株の取得に際してはそのような分析はあまり必要ではありません。
IPO株の抽選に応募する場合は、各証券会社のサイトから現在申し込み可能なIPO株を探す必要があります。

IPO株で利益を出すコツは?

IPO株で利益を出すための最初のハードルは抽選に当選することであり、そのためには数多くの抽選の機会を持つことが有効になります。
当選したからといって必ず株を購入しなければならないということはないため、安心して応募活動に取り組むことができます。
それぞれの証券会社によってIPO株の取扱銘柄に違いがあり、当選確率を上げるためには数社の証券会社に口座を開き、IPO株の抽選応募数を多くしていくことが有効になります。

また証券会社によってIPO株の取扱実績に違いもあり、実績が多い会社ほど抽選にチャレンジする機会を多く得ることができます。
当選確率も各証券会社によって異なるため、インターネット上の情報などを参考に当選確率が比較的高い証券会社に口座開設をする必要もあります。
また主幹事証券を確認することも当選確率を高くする上で重要なことです。
主幹事とはIPOをする企業に対して公開準備指導などの支援を行う証券会社で、その企業のIPO株を売り出す際に株式の割り当て数が多くなります。
投資家は目的のIPO株の主幹事を確認し、その証券会社に口座を開いてそこから申し込めば当選する確率も高くなる可能性があります。
もちろんIPO株は主幹事だけに割り当てられるではなく他の幹事証券会社にも割り当てられますが、圧倒的に比率が高いのは主幹事になるためその確認は重要になります。

またIPO株は支店への割り当てとインターネットへの割り当てがあるため、両方を活用すればそれだけチャンスも多くなります。
IPO株が申し込める証券会社を探し、その中から自分の目的にあった会社を選ぶようにIPO株の取扱実績や内容などをしっかり確認しておくことが大切です。