株に興味があっても話題に追いつけない人って意外と多いと思います。株初心者でも効率的に知識が得られるようにまとめてみました。

確定申告のやり方は?申告漏れの対処法

SBI証券を始めとするネット証券会社で株取引を行って利益が出た場合、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告をしなくてはならないことがあります。

まずは、確定申告が必要かどうかの確認から始めましょう。
確定申告が必要なのは、源泉徴収なしの特定口座を開設して株取引を行っている人や一般口座で株取引を行っている人です。
源泉徴収ありの特定口座で株取引をしている人は原則として確定申告は不要です。
ただし、譲渡損失の繰越控除制度を利用するときには確定申告が必要になるなどの例外もあるので、不安な場合は証券会社に問い合わせてみましょう。

確定申告が必要だとわかった場合は、証券会社から毎年1月の中頃に郵送されてくる特定口座年間取引報告書の到着を待ちます。
特定口座年間取引報告書は、1年間のうちに特定口座で行われたすべての損益を合算したものです。
確定申告の際には必ず必要となる書類なので、確実に入手しておきましょう。

ちなみに、SBI証券のように郵送の他に、PDFファイルによる配布などの電子的な方法で特定口座年間取引報告書を入手できる証券会社もあります。
一般口座で株式の取引をしている人は、自分で年間取引報告書を作成する必要あります。
年間取引報告書には一年間の売買履歴をすべて記入しなくてはならないため、初めて作成する場合は時間がかかります。
対策として、普段から売買履歴をパソコンの表計算ソフトで作成しておくことが有効です。

次に、確定申告に必要な申告書等の書類を手に入れます。
具体的には、税務署で申告書Bと申告書第三表をもらってきましょう。
これらの書類は区役所や市役所でも配布しています。
紙の書類に記入する方法以外にも、国税庁の確定申告専用ページで申告書を入力しプリンタで印刷することも可能です。
必要な書類がすべて揃ったら、後は2月16日から3月15日までの確定申告期間中に税務署を訪れて、申告書の提出と税金の納付を行います。
期限ぎりぎりに近づくにつれて、税務署が大混雑することがあります。
対策としてはできるだけ早めに申告をすませるのがよいでしょう。

確定申告の申告漏れや申告ミスの対処法は?

税務署に確定申告書を提出してしまった後で、未申告の株取引があったことを思い出した場合や記入した金額が間違っていた場合には、できるだけ早急に修正申告を行います。
万が一、税務署のほうから申告漏れを指摘された場合、過少申告加算税という罰金のような税金を支払わなくてはならなくなります。
そうならないためには「自分から」「できるだけ早く」修正申告を行うことが重要です。

税務署に申告書を提出する前に、計算間違いや転記ミスがないかを慎重に確認していても、ミスを完璧に防ぐことはできません。
また、源泉徴収なしの特定口座は、本来自分で確定申告が必要ですが、特定口座なら確定申告不要と思いこんでいる人も少なくありません。
特に、株取引の初心者の中に勘違いしている人が多く見られます。
確定申告が必要なことに気付いたら、すぐに税務署の窓口で相談するようにしましょう。
税務署の職員は、税金のことに詳しくない人に対しても非常にわかりやすく修正申告のやり方や申告書の書き方を教えてくれます。

税務署の指導に従えば、初心者でも自分だけで修正申告が可能です。
もし、どうしても修正申告のやり方がわからない場合や忙しくて税務署に行く暇がない場合は、税理士に依頼することになります。
税理士に修正申告を依頼した場合の費用は、各税理士事務所によって様々です。
そのため、電話や電子メールでいくつかの税理士事務所に費用を問い合わせたほうが安心です。
費用の相場を知ってから依頼するようにしましょう。
修正申告の結果、納付すべき所得税や住民税が不足していたことがわかった場合は、不足分の税金と延滞税を支払う必要があります。
延滞税は確定申告の期限である3月15日の翌日から修正申告を行った日まで、年率7.3パーセントまたは14.6パーセントのどちらかの利率が適用されます。