株に興味があっても話題に追いつけない人って意外と多いと思います。株初心者でも効率的に知識が得られるようにまとめてみました。

株初心者は低位株を始めたほうがいい?その理由は?

株初心者は、低位株からスタートした方が良いという説があります。
低位株とはボロ株とも呼ばれ、少ない資金でも購入することができる株のことを言います。
一般的には、株価500円以下、100株単位で購入できる株のことを言います。
つまり、5万円程度で投資ができるということになります。
株式投資というと、「多額の資金が必要」というイメージが付き物ですが、低位株からスタートすれば、少ない資金からでも利益を上げることができるのです。
これが、低位株を選ぶ最大のメリットです。

しかし、低位株の探し方には注意点があります。
つまり、単純に株価が安い銘柄を探せばいいというわけではありません。
なぜなら、低位株の中には、業績が悪いために株価が低迷しているケースも多いからです。
仮に、業績やキャッシュフローが年々悪化しているような銘柄を購入してしまうと、低位株とは言え、高値づかみとなります。
最悪の場合には、投資した企業が倒産し、株式が無価値になる可能性すらあります。
こうした事態を防ぐためには、割安株を購入しなければなりません。

割安かどうかの目安となる指標の代表的なものに、PBR(株価純資産倍率)、PER(株価収益率)があります。
PBRが1倍以下であれば、会社が倒産したとしても資産で負債を賄えます。
また、PER10倍以下も割安株の基準となるものです。
日本株の平均値は、PER15倍程度と言われていますから、10倍以下ともあれば、現在の株価は安めと判断することができます。
この他にも、営業キャッシュフローがプラスであることや、自己資本比率が30%以上であることは、低位株探しの条件としてよくピックアップされるものです。

また、低位株からはじめるメリットとして、大化け株がみつかりやすいことも挙げられます。
いわゆるテンバガーと呼ばれる銘柄の多くは、低位株の中から現れています。
大化け株を探すためには、時価総額やROE(自己資本利益率)という指標に注目すると良いでしょう。
時価総額が小さい株は、資金が参入することによって、大化けする可能性があります。
一方、ROEは企業が資金をいかに効率よく運用しているかを測るための指標です。
10%以上であれば優良企業、5%以上でも良好な経営状態と判断されます。
このような指標を参考にしながら、大化け株を購入することができれば、その後の株式投資にゆとりが出てきます。

低位株の探し方と注意点

国内には市場がいくつか存在していますが、その中でも最も大きな取引所が東京証券取引所です。
東京証券取引所の中にもいくつか種類があり、一部、二部、マザーズ、JASDAQなど、規模や業種によって分かれています。
新規上場や倒産などがあり数は変化しますが、これらの市場に上場している企業の数を合わせるとおよそ3600ほどになります。
低位株、いわゆるボロ株の探し方は、まず値段から検索すると良いでしょう。
取引している証券会社で異なりますが、条件を設定したスクリーニング検索ができるところも多く、値段やPER、PBRを元に順番に並べることができます。
検索するだけであれば初心者でも簡単にできますが、重要なのはそこからどの会社に投資をするか決めることです。
市場ごとに取引量も異なり、単純に業績が良いだけでは値動きが期待できないこともあります。
取引量の少ない市場に上場している会社に投資をしてしまうと、資金を長い間動かすことができなくなることもあるので注意が必要です。
その銘柄によっても取引量が極端に低いと、長い間資金を動かせなくなることがあります。

しかし普段動きの少ない銘柄は急激な資金流入で株価が急上昇することがあります。
こうした株を仕手株と言いますが、低位株はその買いやすさと流動性の低さから仕手株になることが多いのです。
仕手株になった場合は業績とは関係なく、投機的な資金が流入することで株価が変化します。
保有している株が大きく上昇している場合、業績が良くなって株価が上昇しているのか、仕手株になったのかしっかりと判断をしなくてはなりません。
仕手株になっている場合は売り時を逃してしまうと資金が流出することで株価が下落し、せっかくの利益を掴むことができないこともあるからです。