株に興味があっても話題に追いつけない人って意外と多いと思います。株初心者でも効率的に知識が得られるようにまとめてみました。

初心者向け!株主優待の選び方

株主優待とは企業が一定以上の株式を保有している株主に対して、自社製品や割引券などを贈呈する、利益還元の一環になります。
企業としては少しでも多くの人間に自社の株を購入してほしい、投資してほしいと思うもので、そのためのプレゼントと言い換えると分かりやすいです。
もちろん配当金も入りますので、プラスアルファとして考えるとよく、メリットは大きくなります。

投資をする時に大切なのは利回り、利子も含めた年間収益の投資金額に対する割合で、多いほど設けているといえます。
資産運用を行う目的は利益を出すことなので、配当金が多い方が良い銘柄だと考えるのが普通のことです。
ただこの時に株主優待も見逃せないポイントになり、上手く利用するとさまざまな面でお得になってくるので、暮らしに役立ってくれます。

株で儲けるには株価が安い銘柄を購入して、高くなったところで売りに出すことです。
ただこれは短期間で行うもので、将来に備えて長期間の保有を考えている時には、利回りよりも株主優待の使い勝手の良さを考えた方がいいかもしれません。

例えば良く買い物をするスーパーの割引券、使用する電車の乗車券、飲食店の食事店、他にも飲食物や飲み物、洗剤など自社製品の詰め合わせは便利です。
年に2回定期的に届けられるので上手く活用すると、生活に必要なものを補うことができます。
最近は証券会社でも利益だけではなく、株主優待をメインに銘柄を勧めてくる場合があるのでチェックしてください。

しかし初心者にとって何がお得なのか分からない場合もあり、おすすめの株主優待といっても人によっては無意味なものもあります。
これから投資をはじめるといった場合、自分のライフスタイルを見つめ直すことも必要になってくるはずです。
株価や配当金はもちろん、株主優待に関してもしっかりとチェックしてください。
分からない時には証券会社で相談するのも良く、自分一人で抱え込まないようにするのが大切です。

株主優待を始める前に注意すること

初心者が株主優待を始める前に注意することは、投資をどのようなやり方で行うのか、自分のライフスタイルや必要性を考えることです。
優待を利用するためにはある程度の数を保有していた方がメリットが大きく、企業側は株式数の多い株主に対して優待を手厚くすることが多くなります。
もちろん自社に投資してもらうためで、保有数が多いほどお得だと言えます。

そして株主優待をメインとして考えた時に、株は一定期間保有することを考えた方が良いです。
優待が配られるのは年に2回となり、その前に売り払ってしまうと意味がありません。
また優待が配られる前に購入することはできますが、その際に株価が必ずしも安いわけではなく、むしろ高値がついていることも多いです。
優待目的で買い足す人もいるので、銘柄によっては高騰してしまいます。

このようなことから株主優待を始める前には、目的とする株を一定の年数保有することが前提になるはずです。
株で利益を出すのは売買した差額が大きく、一般庶民が手に入れられる常識的な保有数では配当金で大きな儲けを出すことは難しくなります。
また場合によっては株価が下がることも考えられるので、最終的な利回りが予想よりも低くなる可能性も出てくるので注意が必要です。

さらに気を付けたいのは使える優待であることが重要になり、身近にないスーパーの割引券や電車の乗車券は意味がありません。
食料品にしてもアレルギーを持っていると食べられないものも出てくるので、自分にとって必要な内容であることをチェックしておくのも重要です。
自分にとって得になるように優待を選ぶ、そして保有数を増やすことも大切になってくるので、そういった準備を整えてから購入すると間違いがなくなります。