株に興味があっても話題に追いつけない人って意外と多いと思います。株初心者でも効率的に知識が得られるようにまとめてみました。

今話題の仮想通貨(ビットコイン)とは?始め方も紹介

ビットコインは仮想通貨のひとつで、その価値の上昇によって話題になっていますが、ビットコインを使うためにはその仕組みを理解している必要があります。

そもそも仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれるものでインターネット上で流通しているものです。
現実の通貨とは異なり実態がなくあくまでもインターネット上に存在するデータのことですが、このデータは不正に複製することを技術的に不可能にしたものです。
暗号をやり取りするため、暗号通貨とも呼ばれます。

一方でインターネット上で流通するものとしては似たようなものとして電子通貨が存在しますが、決定的に違うのは仮想通貨が特定の発行元が管理するのではなく各クライアントが情報を相互に保有してそれらを参照しながら決済が行われるというものです。
電子通貨では発行元がすべての責任をもって通貨の流通を行いますが、仮想通貨ではクライアント同士のやりとりにより流通が行われます。
このため仮想通貨では特定のサーバーを通して行うよりもはるかに安価な手数料で決済することが出来るというものです。

ビットコインも本来はそのような目的として実験的にはじまったものですが、次第にさまざまなルートからビットコインを買い漁る状態が起こり価値が上昇して今日に至ります。
これはビットコインの場合には発行できるコインの数が限られており、資金の流入が続けば相対的に価値が上昇するためです。
このようなことから2017年には一時1BTCあたり200万円を超えるような事態も起こりその価値の急上昇によって話題になっています。

本来は送金手段として用いられるはずのビットコインですが、このような価値の急上昇に伴い以前よりまして投資の対象となっています。
特に株やFXなどとは異なり国際的な明確な取引ルールが存在しないため数時間のうちに価値が倍になるといったケースもあります。
このため上手く流れに乗れば儲かる投資ですが、反対に動けば大きく損をするリスクも存在します。
ただいずれにしても投資方法を間違わなければ株などと比べて初心者に比較的やさしい投資ができます。

ビットコインの購入方法と注意点

ビットコインを購入するためには取引所に口座を開設することになります。
このあたりは株やFXなどの金融商品と同じですが、開設にはメールアドレスと運転免許証などの本人確認書類が必要です。
また仮想通貨はインターネット上でしか存在しない通貨であるため、少なくともビットコインを始めたい人は、インターネット取引の知識を一通り理解していることが重要です。

口座開設のやり方は取引所によってやや異なりますが、おおむね共通しているのは最初はメールアドレスと設定したいパスワードを入力し、取引所からメールの返信が行われ、そこに必要事項を記入するページへのアドレスや本人確認書類のやり方などが記載されています。
本人確認書類が確認されると、取引所から簡易書留で口座開設を完了したことを示す郵便が届きこれが住所確認とされます。
電話による連絡もなく初心者でも簡単に口座を作ることができます。

一方で購入のやり方は取引所に入金して、そのお金で取引をはじめることができます。
取引所によって購入できる単位がやや変わってきますが、最低購入価格が500円に設定されているところがほとんどですから少ない資金でも購入が可能です。
これが出来る理由はビットコインの最小単位が0.00000001BTC(1億分の1)となっているためで1BTCが1億円になっても最小単位は1円から購入が出来るためです。

ビットコインのリスクとしては株と比べると、極めて高いものです。
理由は価値の下落に歯止めがかからなくなると理論的には無価値になる可能性があるためです。
しかもどのような理由で上昇し、また下落するかを事前に予測することが困難で安易に儲かるからといって全額を投資するのはあまりにも無謀です。
このため購入方法としては金投資などに見られる積立投資が適していると言われています。