株に興味があっても話題に追いつけない人って意外と多いと思います。株初心者でも効率的に知識が得られるようにまとめてみました。

今の時代はスマホで簡単に株投資を始められる?

今の時代はインターネットの発達と証券取引所の発展によって、個人でも資産運用がしやすい環境が整っています。
株式取引に関する情報は、インターネット上にたくさん掲載されており、まったく知識がない初心者でも実際にトレードができる状況まで持っていくことができます。
初心者の場合には口座をつくるところからはじめなければいけません。
取引をする証券会社を選んで、新規口座を作るときは、必要書類を送ることで開設ができます。
インターネットだけで開設の申請を行うことができるので、敷居も低いです。

株式投資を行うときには、証券会社の選び方が大切です。
取引ができる銘柄が限定されていたり、買いでの注文はできるけど、売り注文はできない証券会社もあります。
アプリに力を入れている証券会社も多く、スマホだけで取引をする銘柄を選んでエントリーをすることができます。
アプリによって画面の見やすさや見られる情報が変わってくるので、情報を見るために証券取引所に口座を作るのもいいでしょう。
実際に取引をするネット証券と情報を見るネット証券をわける投資家もいます。
株を始めやすい環境をしっかりと整えることが大切です。

スマホによって閲覧できる情報が制限されることもあります。
小さい画面に掲載できる情報が限られているからです。
株を始める前には、デモトレードなどを用いて取引のやりやすさや使い勝手を見極めることが重要です。
使えるテクニカル分析のツールもネット証券によって違います。
株価を表すロウソク足や背景色の色などを、利用者が自由に変更できるアプリもあります。
カスタマイズができるほうが、利用者好みに変更できるので、使い勝手のいいアプリだと言えるでしょう。

トレードスタイルによって使いやすいアプリも違ってくるので、まずはトレードスタイルを確立するほうがいいです。
デイトレやスキャルピングを主にする人は、操作性の速いアプリを選ぶといいでしょう。
人によって好みは違うので、できるだけ多くのアプリを見る必要があります。

おすすめの株アプリ

株を始めたばかりの初心者の場合には、選ぶ判断基準がわからないことが多いです。
株価の動きから専門用語やネット証券の選び方など、覚えることも多いです。
アプリの選び方としては、ランキングを活用するのが一番いいです。
初心者の場合には、初心者向けのランキングを選びましょう。

選ぶことができる銘柄数や株以外の金融商品取引にすぐにアクセスができるアプリもあります。
また、チャートの形状を検索できるアプリも登場しているので、トレードスタイルによっては形状検索は大きな武器となります。
情報量が多いものやスクリーニング機能が充実しているものも使い勝手がいいです。

スクリーニングとは、利用者が様々な条件を設定することで銘柄を条件検索できることです。
上場の有無や株価の範囲や業種によって分けることもできます。
戦略が明確に決まっているトレーダーほど、スクリーニングをしっかりと駆使してトレードを行っています。
また、毎回スクリーニングを設定するのではなく、検索条件を保存できる機能がついているアプリもあります。

アプリを選ぶ時には、銘柄に関するニュースが見やすいものやチャートの画面が見やすいもの、みんなが使っている機能が標準装備されているものを選びましょう。
ネット証券を複数つかうことによって、さまざまなアプリを使うことができます。
情報収集用のものとトレード用のものを分けるのも効果的です。

短期投資用のものと、長期投資用のものを分けているトレーダーもいます。
トレード手法の変更によって、ネット証券を変更するのもいいでしょう。
ひとつのアプリやネット証券にこだわることなく、常にトレードがしやすい環境づくりや情報収集を行うのが大切です。